1. HOME >
  2. 感染管理情報TOP >
  3. 製品関連情報誌 >
  4. 内視鏡関連情報誌 >
  5. 2007年5月 Vol.12

内視鏡関連情報 NEWS SCOPE | ASP Japan合同会社 〜2007年5月 Vol.12

座談会
「内視鏡室の感染対策に関する自己調査」について
〜開発・運営した四国消化器内視鏡技師会役員に聞く

日本消化器内視鏡技師会四国支部長・四国消化器内視鏡技師会会長(労働者健康福祉機構 香川労災病院内視鏡室)
岡本 澄美子 さん

四国消化器内視鏡技師会副会長(愛媛大学医学部附属病院光学医療診療部)
天野 利江 さん

四国消化器内視鏡技師会副会長(松田病院)
尾崎 貴美 さん

この記事のテーマ
  • 洗浄消毒記録
  • 消毒薬濃度管理
[画像] 岡本 澄美子 さん、天野 利江 さん、尾崎 貴美 さんの写真

日本消化器内視鏡技師会の「内視鏡の洗浄・消毒に関するガイドライン」の遵守が課題となっています。昨年、四国消化器内視鏡技師会(以下、四国技師会と略)がおこなった「内視鏡室の感染対策に関する自己調査」は、ガイドラインの遵守率向上や内視鏡室従事者への感染対策意識向上に貢献するものとして、全国の多くの内視鏡室従事者から関心を集めました。本調査システムを開発し、日本消化器内視鏡技師会の承認を得て実施された四国技師会自己調査委員会の主要メンバーの方々から、調査システム立ち上げの背景と調査内容、実施結果、今後の予定などをうかがいました。

内視鏡看護業務確立の必要性

“患者様の安全のため、そして内視鏡室従事者の努力を評価したい”という願いが動機

「内視鏡室の感染対策に関する自己調査」(以下、自己調査と略)システムを立ち上げられた動機を教えてください。

岡本三つあります。まず内視鏡室の感染対策の統一をはかることで患者様がどこの内視鏡室でも安心して検査が受けられるようになればいい、と思ったことです。

次に内視鏡室で洗浄消毒をおこなっている看護師・消化器内視鏡技師は一所懸命に業務を遂行していても当然のこととして捉えられ誰も評価していない、という矛盾が動機となりました。

三番目の動機は病院機能評価のVer.5.0で内視鏡室が評価対象になり、第三者評価を得ることの必要性を再認識したことです。しかし、Ver.5.0の評価項目の内容では具体的項目は網羅されていなかったために、内視鏡室が最低限守るべき項目を示す必要を感じました。

田中岡本会長の想いに私たち四国技師会役員も賛同して一緒に進めることにしました。第三者による評価方法としては、日本医療機能評価機構のように立ち入り検査をすることは現実的ではない、と考え、自己調査をもとに私たちが監査するシステムとして立ち上げることにしました。

岡本  澄美子 さん

日本消化器内視鏡技師会四国支部長・四国消化器内視鏡技師会会長(労働者健康福祉機構 香川労災病院内視鏡室)
岡本 澄美子 さん

「内視鏡の感染対策の統一をはかることで患者様がどこの内視鏡室でも安心して検査が受けられるようになればいい」

日本消化器内視鏡技師会の承認を得て、全国の施設を対象に実施した

どのようにシステムを立ち上げられましたか?

岡本平成16年に私が所属する香川労災病院でICT(Infection Control Team)に依頼して、内視鏡室を評価してもらったことがきっかけでした。その時に作った自己調査項目をもとに、四国技師会の役員会で自己調査システムの具体案を討議していきました。その案を平成17年に日本消化器内視鏡技師会の田村君英会長に報告し、理事会の承認を経て全国展開することになりました。

尾崎技師会の会報に、自己調査システムについて掲載するとともに、全国の技師会支部長と都道府県の役員に郵送とインターネットを使って実施内容を連絡しました。具体的には平成18年1月から四国技師会のホームページに載せて、4月から自己調査への参加登録を募りました。

自己調査の内容と方法について

技師会の洗浄・消毒ガイドライン遵守を基本に評価レベルを設定

調査項目を作成するにあたって、留意された点と体系について教えてください。

岡本自己調査の目的は、内視鏡の洗浄・消毒の質の標準化と感染対策への意識の統一にあります。内視鏡室でおこなうべき項目を抽出し11分野57項目としました。基本は日本消化器内視鏡技師会「内視鏡の洗浄・消毒に関するガイドライン」第2 版を遵守することです。

天野調査項目は技師会のガイドラインのほか、CDCのガイドライン、病院機能評価Ver.5.0 、厚生労働省の通達事項、日本医科器械学会の滅菌保証ガイドラインを参考にしました。また項目作成にあたっては、日本消化器内視鏡技師会・安全管理委員会のアドバイスをいただきました。

表1 に調査項目分野を示しましたが、全11分野のうち7分野を共通項目とし、「内視鏡の洗浄・消毒に関するガイドライン」第2版を遵守していれば、レベル1と評価することにしました。

尾崎自己調査をしてもらった結果を評価し、評価レベルを表2の通り、1から5まで設定しました。内視鏡の洗浄・高水準消毒をしているのは当然であり、内視鏡室の感染対策に関しては質保証の時代に入っていると考えて、高レベルの感染対策システム、教育システムが整っている施設を高く評価しています。

尾崎 貴美 さん

四国消化器内視鏡技師会副会長(松田病院)
尾崎 貴美 さん

「誰でも簡単に四国技師会のホームページにアクセスして参加できる方法でおこないました。」

表1.「内視鏡室の感染対策に関する自己調査」の調査項目分野

Ⅰ. 内視鏡の洗浄に関すること(予備洗浄) 11 項目
Ⅱ. 消毒に関すること 4 項目
Ⅲ. 内視鏡の消毒に関すること(用手法消毒) 3 項目
Ⅳ. 内視鏡の消毒に関すること(自動洗浄機) 3 項目
Ⅴ. 内視鏡付属物の取り扱いについて 5 項目
Ⅵ. 保管に関すること 4 項目
Ⅶ. 検査環境 5 項目
Ⅷ. 内視鏡従事者の防護に関すること(バリア・プリコーションなど) 4 項目
Ⅸ. 洗浄・消毒の質管理に関すること(情報開示) 4 項目
Ⅹ. 内視鏡室のシステムに関すること 9 項目
Ⅺ. スタッフの教育システム 5 項目

表2.「内視鏡室の感染対策に関する自己調査」評価(修了証書)基準

Ⅰ. 「内視鏡の洗浄・消毒に関するガイドライン」第2 版を遵守し、内視鏡及び周辺機器の洗浄消毒滅菌が適切に行なわれ、内視鏡の保管、検査環境にも適切な感染対策ができている施設
Ⅱ. 1 に加え内視鏡従事者のバリア・プリコーションができている施設
Ⅲ. 1 〜2 に加え内視鏡の質保証のための記録がある施設
Ⅳ. 1 〜3 に加え内視鏡技師が管理し組織的な感染対策システムができている施設
Ⅴ. 1 〜4 に加えスタッフの教育システムが整っており、積極的に研究発表を行っている施設

レベル1以上の施設に、自己調査修了証書を発行

インターネットで自己調査に参加登録する方法ですね。

天野そうです。誰でも簡単に四国技師会のホームページにアクセスして参加できる方法でおこないました。昨年の4月1日から8月31日の間に申し込み画面に施設名、内視鏡室の設備、検査の状況などを記入して参加登録をした後、各自己調査項目をチェックして送信していただきました。

尾崎実際に参加登録したのは103施設でしたが、うち無効や途中でキャンセルされた施設もあり有効登録数は63でした。8月31日に締め切った後、私たち四国技師会自己調査委員会でチェックされた項目を監査しました。各項目別の遵守率結果については、ホームページ上で公表し、技師会のガイドラインが遵守できていない項目については、その施設に対して、コメントをお送りしました。

レベル1以上の評価を受けられた施設はどれくらいでしたか?

岡本63施設中38%の24施設でした。その施設には、適切な感染対策が講じられていた施設として、レベル評価結果を記入した「内視鏡室の感染対策に関する自己調査修了証書」を発行しました。自己調査への参加登録などは無料ですが、修了証書は発行する時点で、文書料、手数料、郵送費などの費用として1万円を徴収させていただきました。なお、修了証書の認定期間を2年間としました。2年の間にスタッフが異動したりして感染対策レベルが変わる施設もあることが予想されるためです。

尾崎レベル4以上の評価を受けた施設は合わせて7施設ありました。それらの施設は、日本消化器内視鏡技師会・安全管理委員会による立ち入り調査を受けることができます。優秀な成績を出したこれらの施設に対しては、審査の結果によっては、日本消化器内視鏡技師会・安全管理委員会から認定書が発行されることになっています。

四国技師会自己調査

* リンク先のサイトはジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社メディカル カンパニーのプライバシーポリシーは適用されません。続行される場合はリンク先でのプライバシーポリシーをご確認下さい。

18年度内視鏡室の感染対策に関する自己調査修了書発行施設(15施設)

  • 塩見内科医院(香川県)
  • 土佐市立市民病院(高知県)
  • 幡多病院(高知県)
  • 大分健生病院(大分県)
  • たかさきクリニック胃腸科・内科(高知県)
  • 坂出市立病院(香川県)
  • 香川大学医学部附属病院(香川県)
  • 医療法人社団雙和会クワヤ病院(香川県)
  • 労働者健康福祉機構香川労災病院(香川県)
  • 久留米大学病院(福岡県)
  • 住友別子病院(愛媛県)
  • 埼玉県済生会栗橋病院(埼玉県)
  • 姫路赤十字病院(兵庫県)
  • 公立学校共済組合中国中央病院(広島県)
  • 図南病院(高知県)

調査結果と今後について

「洗浄・消毒記録」と「薬液濃度チェック記録」が課題

自己調査システムに対する反響などをお聞かせください。

天野自アクセス件数は自己調査を修了した8月31日までに4,135件ありました。その間、私たちスタッフは問い合わせ対応に追われていましたが、9月以降もアクセス数は落ちずに推移していますので、関心の高さがうかがわれます。

尾崎自信を持って参加登録したが、項目をチェックしてみると、できていないことがわかったという施設や、レベル1に達しなかったので病院と交渉して改善を求めたといった内視鏡室もありました。

天野  利江 さん

四国消化器内視鏡技師会副会長(愛媛大学医学部附属病院光学医療診療部)
天野 利江 さん

「病院と交渉して改善を求めたといった内視鏡室もありました。」

自己調査結果をみて遵守率がとくに低かった項目は何でしたか?

岡本洗浄・消毒の質管理に関する分野は全体的に遵守率が低く、「洗浄・消毒記録がある」が38.0 %、「薬液濃度チェックの記録がある」が33.3%でした。この2つは、内視鏡室の質保証のためにはどうしても必要な項目であり、今後の課題だと思います。高水準消毒剤といっても、種類によって安定性に差があり、同じ消毒剤でも洗浄消毒器の機種によって有効使用回数が違います。とくに過酢酸を使用している場合は、1日に1回は濃度チェックして記録するべきでしょう。また、薬液の濃度は現在テストストリップでチェックしていますが、どうしても判定に個人差が出てしまうことがあるために、瞬時に判定できるデジタル表示や段階表示になることが望まれます。

第2回自己調査は平成19年4月から開始

自己調査システムは、今後も続けていかれますか?

岡本今年も昨年と同様に4月1日から8月31日まで同じ要領で第2回自己調査を実施します。昨年、参加された施設も再度参加できます。

最後に、自己調査システムに関する今後の抱負をお聞かせください。

天野レベルという表現がバージョンに変わります。調査項目も若干変わります。「Ⅷ.内視鏡従事者の防護に関すること」は当然行われるべきことであるのでバージョン1に含まれます。「消毒薬の濃度測定とその記録を残すこと」がⅡ.消毒に関することの中に新規に加えました。そのほか詳細は、ホームページで紹介します。

調査項目など変更される点はありますか?

岡本第1回自己調査を実施して、周知徹底することの難しさと立ち入り調査の重要性を実感しました。今後は、全国の内視鏡室従事者や病院経営者、医療従事者だけでなく、患者様や一般の人々に知ってもらう方法を考えていきます。一般の方が内視鏡検査を受けるときに施設を選ぶための情報の一つになればいい、と考えています。

自己調査は修了証書発行の有無にかかわらず積極的に参加登録することで自施設の感染対策を見直すきっかけにしていただきたいと思います。

スタッフの紹介

四国消化器内視鏡技師会の方々

四国消化器内視鏡技師会の方々

(前列左から)
天野利江さん 愛媛大学医学部付属病院
岡本澄美子さん 労働者健康福祉機構香川労災病院
尾崎貴美さん 松田病院
(後列左から)
岸田容子さん 独立行政法人国立病院機構四国がんセンター
筒井久美子さん 香川県立中央病院
前田千恵さん 徳島赤十字病院
南千代さん 阿南医師会中央病院
川田紀代美さん 医療法人社団研宣会 広瀬病院
上西ゆりさん 愛媛県立中央病院
岡林さよみさん たかさきクリニック胃腸科内科