1. HOME >
  2. 感染管理情報TOP >
  3. 製品関連情報誌 >
  4. 内視鏡関連情報誌 >
  5. 2007年5月 Vol.12

内視鏡関連情報 NEWS SCOPE | ASP Japan合同会社 〜2007年5月 Vol.12

Practice
自己調査でレベル5の評価を得て、日本消化器内視鏡技師会の立ち入り調査を受審

住友別子病院

この記事のテーマ
  • 業務改善
  • 病院機能評価
[画像] 住友別子病院

愛媛県新居浜市の山麓部にあった別子銅山は、住友が日本を代表する巨大財閥となる礎となったところです。明治16年に住友家事業の従事者とその家族の診療を目的として開設されたのが住友別子病院で、昭和41年に現在地に移転して一般社会保険診療の取り扱いを開始して以来、新居浜市とその周辺地域の中核病院として発展してきました。昨年、日本医療機能評価機構が実施する「病院機能評価Ver.5.0 」による更新受審をした際には、内視鏡室も訪問審査を受けました。それと同時に、四国消化器内視鏡技師会がおこなった「内視鏡室の感染対策に関する自己調査」でもレベル5評価を得て、日本消化器内視鏡技師会・安全管理委員会による立ち入り調査も受けました。そこで、副院長の鈴木誠祐先生、内科科長の平ア照士先生、内科副看護師長の河端昭子さん、内科看護師の矢野淳子さんから、内視鏡室での安全管理と感染対策を中心にお話をうかがいました。

月1回、医師、看護師が業務改善に向けた話し合いを実施

内視鏡診療の安全管理面での対策例をあげていただけますか?

鈴木安全管理の一つとして、インフォームド・コンセントは重要だと思います。当院では1年半前から、検査、治療を問わず全ての内視鏡診療でその内容を文書で説明し、その後に同意書に署名していただいています。また、問診表の作成時には、アレルギー歴、心臓疾患、緑内障、前立腺肥大症などの有無の確認や服用薬のチェックなどを、看護師が聞き取る形をとり、丁寧に対応するようにしています。

鈴木 誠祐 先生

副院長
鈴木 誠祐 先生

平アインフォームド・コンセントと同意書をいただくことは、消化器内視鏡のクリニカルパスに組み込んで各検査、治療毎に作り上げました。ポリペクトミーやESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)、EPBD(内視鏡的乳頭バルーン拡張術)、PRG(内視鏡的胃瘻造設術)など、現在のところ7種類のクリニカルパスを作成しています。クリニカルパスは、患者様の不安を解消し、医師と看護師との意思疎通を良くするなど、多くのメリットが得られています。

平ア 照士 先生

内科科長
平ア 照士 先生

鈴木クリニカルパスの作成時には、医師だけでなく、看護師も参加して、共同で作り上げたということがあります。さらに、クリニカルパスの作成が契機となって毎月1 回、内視鏡室の医師、看護師が一緒になって業務改善に向けた話し合いを続けているということもあります。人によって異なる手順をとることがありますが、どんな些細なことでも、標準化できるように皆で検討しています。話し合いで決めたことはPDCA(plan →do →check →act )サイクルを実施していくように努めています。クリニカルパスだけでなく、その他のマニュアルでも、それに携わる人が作成時に参加することは大事です。

内視鏡室が契機になって院内全体にフタラール製剤を導入

内視鏡の洗浄・消毒についても先生方と看護師さんで話し合われるのですか?

河端そうです。毎月の話し合いの中で、日本消化器内視鏡技師会のガイドラインに基づいた洗浄・消毒のマニュアルを一緒に作成しました。他に内科外来に配属された看護師向けの教育マニュアルもあり、最初に感染管理に関して2週間集中して指導します。

端 昭子 さん

端 昭子 さん
内科副師長

高水準消毒剤は何を使用されていますか?

矢野フタラール製剤です。平成16年に、洗浄消毒器が老朽化していたこともあって、器械と消毒剤を一緒に更新しました。その際に、ICT(Infection Control Team)が中心となり内視鏡室に合わせる形で院内全体の高水準消毒剤をフタラール製剤に統一しました。

立ち入り調査で不備な点を指摘してもらうことに意義がある

昨年、四国消化器内視鏡技師会がおこなった「内視鏡室の感染対策に関する自己調査」に参加された動機と評価結果を教えてください。

矢野原昨年2月に病院機能評価Ver.5.0を受審して内視鏡室の感染対策を評価していただきましたが、私たちが実施していることを第三者にチェックしてもらうことの重要性を実感し、参加を希望しました。内視鏡室の感染対策に関する自己調査では、全ての項目でクリアでき、調査をしていただいた結果、レベル5の評価をいただきました。

矢野 淳子 さん

内科看護師・消化器内視鏡技師
矢野 淳子 さん

レベル4 以上の評価を受けた施設は、日本消化器内視鏡技師会・安全管理委員会による立ち入り調査を受審する権利を有しますね。

河端立ち入り調査を受けるかどうか、当初は躊躇しましたが、鈴木先生や先生から後押しがあって受審することにしました。

鈴木「もし落ちたら」、という気持ちがあったようですが、『不備な点を指摘されれば直していけば良い』と言いました。それが第三者評価を受ける本来の意義であり、井の中の蛙になってはいけないと思います。

平ア手術に近い内視鏡治療術が増えており、高齢の患者様が多いこともあって、安全を第一に考えています。そこで、看護スタッフの取り組みに対しても第三者による評価が得られれば、私たち医師にとっても治療への安心度が増すことになります。

立ち入り調査の様子を教えてください。

矢野2名のサーベイヤーが来られ、書類審査に1時間、現場でも1時間近くチェックを受けました。現場での審査のときには、洗浄・消毒のデモンストレーションもおこないました。立ち入り調査の結果はまだ届いていませんが、現場チェックを受けた際に、洗浄・消毒記録において患者様の特定が不十分という指摘を受けましたので、直ぐに改善策を検討し、現在はそれを試しているところです。

内視鏡室の感染対策に関する自己調査修了証書

内視鏡室の感染対策に関する自己調査修了証書

立ち入り調査を受審することで新たな課題が見つけられたのですね。

河端今後も第三者評価を受け、質の向上に努めていきたいと思っています。

洗浄・消毒コーナー

洗浄・消毒コーナー

施設の紹介

[画像] 住友別子病院

住友別子病院

愛媛県新居浜市王子町3‐1
院長 : 西本健
病床数 : 401床
1日平均外来患者数 : 1,008 人

消化器内視鏡/検査・診療の概要

年間検査件数 : 6,860 件(平成18 年度)
 (内訳)
  上部消化管 5,457件
  下部消化管 1,125件
  ERCP 152件
  BF 101件
  PEG 25件

スコープ本数 : 40本
 (内訳)
  上部消化管用 : 15本
  下部消化管用 : 10本
  その他 : 16本

洗浄消毒器設置台数 : 4台
検査ベッド数:4台
医師数: 11名(うち日本消化器内視鏡学会指導医・専門医5名)
スタッフ数 : 看護師5名(うち消化器内視鏡技師3名)、看護助手(消化器内視鏡技師)1名