1. HOME >
  2. 感染管理情報TOP >
  3. 製品関連情報誌 >
  4. 内視鏡関連情報誌 >
  5. 2007年10月 Vol.13

内視鏡関連情報 NEWS SCOPE | ASP Japan合同会社 〜2007年10月 Vol.13

座談会
内視鏡の洗浄・消毒履歴管理の必要性を考える

富士フイルムメディカル株式会社 営業統括本部NX部部長伊藤 昌樹 写真中央

富士フイルムメディカル株式会社 営業統括本部NX部グループマネージャー鈴木 泰之 写真左

フジノン東芝ESシステム株式会社 営業本部企画・サポートグループ課長石浜 信次 写真右

この記事のテーマ
  • 洗浄消毒記録
[画像] 伊藤 昌樹 氏、鈴木 泰之 氏、石浜 信次 氏の写真

富士フイルムメディカル株式会社が提供する「NEXUS(ネクサス)」は、内視鏡検査分野、超音波検査分野、病理検査分野において受付・検査・レポート作成・データ参照などの機能を一元管理する画像ファイリングシステムとして、多くの病院で採用され高い評価を受けています。フジノン東芝ESシステム株式会社は、患者様の苦痛を軽減する経鼻内視鏡をはじめ、さまざまなスコープを開発し、クリニックから大学病院まで幅広く支持されています。今回は、富士フイルムメディカル株式会社・営業統括本部NX部の伊藤昌樹氏、鈴木泰之氏、フジノン東芝ESシステム株式会社・営業本部企画・サポートグループの石浜信次氏にお集まりいただき、内視鏡の洗浄・消毒履歴管理の必要性と課題、今後の方向性についてお話をうかがいました。

不測の事態に備えてトレーサビリティを確保する

内視鏡の洗浄・消毒履歴管理に対するお考えをお聞かせください。

鈴木私たちが内視鏡の洗浄・消毒履歴管理(以下、履歴管理)に取り組み始めたのは、約5年前、ある大学病院から、当社の画像ファイリングシステム(NEXUS)導入にあたって、効率的に精度の高い履歴管理システムが構築できないかと相談を受けたことがきっかけでした。当時、内視鏡の洗浄・消毒のトレーサビリティ(追跡可能性)の必要性を感じている病院は少なかったのですが、使用スコープ、施行医師名、使用洗浄消毒器、洗浄スタッフ名などの記録をすべて残すことで、感染がおこった場合、内視鏡の洗浄〜消毒〜すすぎまでの各工程の質の保証を証明することができます。このような機能をNEXUSにカスタマイズして組み込むことは、製品の付加価値を高めることにつながると考えました。

鈴木泰之 氏

石浜リスク管理という観点から、万が一感染がおこった場合、病院は対策を早急に打たなければなりません。そのような意味では、それぞれの病院の施設環境に合わせた履歴管理システムを提供していくことがメーカーの責務だと思います。また、どのようにトレーサビリティを確保するかという方法論についてはコストの問題、作業効率の問題などを考慮して取り組まなければならないと思います。

画像ファイリングシステムNEXUSの特徴を教えてください。

伊藤NEXUSは内視鏡室の受付・検査・レポート作成などを統合した内視鏡室業務支援システムです。各ご施設の施設環境に応じて柔軟に対応できるオープンな思想を特徴としていますから、マルチベンダーに対応できる業務支援システムとして市場から高い評価をいただいています。また、使い勝手を第一に考えているため、医療従事者の細かな要望にお答えするカスタマイズ力にすぐれた商品であると自負しています。

伊藤昌樹 氏

鈴木泰之 氏(写真左)伊藤昌樹 氏(写真中央)石浜信次 氏(写真右)

病院の施設環境に合わせた履歴管理が求められる

今後、履歴管理の必要性をどのように伝えていこうと思われますか?

石浜内視鏡の洗浄・消毒業務は、ブラッシングなどの予備洗浄、漏水検知など医療従事者が介在する業務があります。したがって、履歴管理をすべてIT化していく事は難しいでしょう。医療従事者が介在する業務とIT化できる業務を分けて履歴管理に取り組む必要があると思います。患者様が安心して検査を受けられるという意味で、今後は履歴管理の必要性を感じていますが、前提として医療従事者の皆様には、何の為に履歴管理を実施するかという目的に立ち戻って、導入を検討していただければと思います。今後はメーカーとしてもそのようなご提案をすることが必要であると考えています。

石浜信次 氏

どの施設でも履歴管理を行うことは可能なのでしょうか?

石浜先程もお話させて頂きましたがクリニックから大学病院まで、それぞれの施設環境に合わせて履歴管理を行うことが重要です。万が一感染がおこった場合、適切な洗浄・消毒が行われていたことを証明できれば方法は問題になりません。

内視鏡の洗浄・消毒に対してどのような工夫をされていますか?

石浜当社は処置具も扱っておりますが処置具はディスポーザブルにするのが一般的でしょう。リユースの処置具は検査あたりのコストは廉価ですが洗浄と消毒が十分でなければ感染リスクも高まります。スコープもディスポーザブルにできるのであれば理想的ですが、それは現実的でありません。現在、私たちにできることは、スコープに汚れが付着しにくい構造、汚れを除去しやすい材質の使用、洗浄しやすいように凹凸をなくしたデザインなど総合的な工夫することで、洗浄しやすさを心がけています。残念ながら、洗浄・消毒については、消毒工程が十分であれば良いだろうと思われる方がおられるかもしれませんが、洗浄工程できっちり有機物を除去しなければ、期待する消毒効果は得られません。最近は、消化器内視鏡だけでなく院内全体の内視鏡の洗浄・消毒手順を見直すという動きもあります。そういう意味では消毒剤を扱うメーカーの方とも情報交換をし、院内の内視鏡を使用する部署に適切な洗浄・消毒手順を啓蒙していく必要があると感じています。

橋本 晃行(写真右)

橋本晃行 写真右
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
マーケティング部AER担当
アシスタントプロダクトマネジャー

橋本私たちが扱っている消毒剤は、さまざまな医療器材・器具にご使用いただいておりますが、消毒剤の濃度管理はスコープの予備洗浄などと同様に医療従事者の介在する業務になります。このように医療従事者が関与する業務がある以上、履歴管理に取り組む上でやはり洗浄・消毒に対する意識が重要になってきます。院内全体でみると、内視鏡は多くの部署で使用されています。ところが、消化器内視鏡の適切な洗浄・消毒手順は均一化されつつあるものの、他部署の内視鏡の洗浄・消毒手順は均一化されているとはいえません。病院としては、万が一感染がおこった場合、どの部署の内視鏡が問題なのかは関係なく、対策が求められるでしょう。

伊藤そうですね。私たちは、院内全体で均一化された内視鏡の洗浄・消毒を行う必要性を訴えていくことが重要です。

各メーカーが歩調を合わせ互換性のあるシステムを構築する

履歴管理におけるキーワードは何でしょうか?

伊藤病院はさまざまなメーカーの内視鏡、洗浄消毒器を保有しています。それぞれの病院の施設環境に合わせた履歴管理を確実に実現でき、どの病院にも同じサービスを提供できることが理想です。そのためには他社製品との互換性をもたせたシステムづくりが必要です。

石浜患者様が安心して楽に内視鏡検査を受けられるという意味で、当社の経鼻内視鏡は内視鏡検査のハードルを下げたと自負しています。内視鏡は洗浄・消毒を繰り返して使用しますから、今度は患者様が感染の心配なく安心して受けられるように履歴管理が組み込まれた内視鏡検査システムを提供していきたいですね。そして、各メーカーの製品も含めたシステム互換性をはかることが最終的に病院や患者様のメリットになると思います。