1. HOME >
  2. 感染管理情報TOP >
  3. 製品関連情報誌 >
  4. 内視鏡関連情報誌 >
  5. 2008年5月 Vol.14

内視鏡関連情報 NEWS SCOPE | ASP Japan合同会社 〜2008年5月 Vol.14

施設レポート 光学医療診療部を中心に院内の軟性内視鏡の洗浄・消毒方法の統一化を実現

千葉大学医学部附属病院 光学医療診療部、感染症管理治療部

この記事のテーマ
  • ICT活動
  • 業務改善

先進的内視鏡診療を担う千葉大学医学部附属病院の光学医療診療部では、病院全体の感染管理を担う感染症管理治療部と協議しながら、内視鏡に関する感染管理の向上に努めています。また、感染症管理治療部では、院内各部署で使用している軟性内視鏡の洗浄・消毒方法を光学医療診療部の協力を得て統一化をはかりました。そこで、感染症管理治療部看護師長の久保悦子さん、同部看護師の千葉均さん、光学医療診療部看護師・消化器内視鏡技師の若王子みのりさんから、光学医療診療部および院内各部署での軟性内視鏡の感染対策の経緯などをうかがいました。

千葉大学医学部付属病院外観

光学医療診療部での改善は、院内各部署対策へのステップになった

光学医療診療部での内視鏡に関する感染管理の経緯を教えてください。

若王子内視鏡検査件数が顕著に増加した1999年から2000年のことですが、内視鏡の洗浄・消毒方法の改善をはかる必要性を感じ、先ず洗浄消毒器を導入しようと思いました。そこで、洗浄消毒器購入予算の取り方などを感染症管理治療部の久保看護師長さんに相談をしたことが、改善策をはかる契機になりました。

久保若王子さんから相談を受けて、光学医療診療部の実態を感染管理上の問題から感染症管理治療部として調査しました。患者数に見合ったファイバーが揃っているか、洗浄・消毒方法や洗浄・消毒方法時間、洗浄要員の確保がされているか、といった内容を調べました。調査時点で光学医療診療部・部長の神津教授にも関与していただきました。

久保悦子さんの写真

感染症管理治療部・看護師長
久保悦子さん

調査結果はいかがでしたか?

久保患者さんにきちんと洗浄・消毒を行ったスコープを使用できるような状態ではなく、感染対策が十分ではないことを神津教授にも理解していただき、光学医療診療部と感染症管理治療部が共同して洗浄消毒器購入の予算要求をしました。

若王子光学医療診療部では、多数の医師やスタッフが出入りして、洗浄・消毒を実施していたため、用手洗浄消毒法では適切な手順を徹底されているかの判断が難しいとの調査結果をもとに洗浄消毒器の導入が承認され、器械によって統一した洗浄消毒が行えるようになりました。そのほか、スコープの追加購入、洗浄要員の確保も認められました。洗浄・消毒はそれまで医師と看護師が用手法でおこなっていましたが、専任の洗浄要員が予備洗浄をしっかりおこなう態勢が整ったのが2001年のことでした。これで、患者さんへ自信を持って内視鏡検査を勧められるようになりました。こうした改善策は、感染症管理治療部の強力な支援があったからこそ実現できたと思います。

また、2001年に発売されたフタラール製剤は、高水準消毒剤として消毒時間が短く、職員への曝露も少ないことから同年にすぐに導入しました。

その後の経過を教えてください。

若王子翌2002年に、消化器内視鏡技師会の「洗浄・消毒に関するガイドライン」に基づいてマニュアルを改訂しました。その後もたとえば、複雑な構造のスコープも増えてきたため、予備洗浄でのブラッシング方法など細部の変更をおこなうなど、適宜マニュアルの見直しをしてきています。昨年(2007年)、取得した病院機能評価機構Ver.5.0の受審の際は、内視鏡室が評価項目に加わったため、久保看護師長さんに相談をしましたが、マニュアルの見直し以外、格別に変更や修正をする点はありませんでした。

光学医療診療部での感染対策整備は、感染症管理治療部としてはどのような意味があったのでしょうか?

久保私は、以前に材料部で看護部の感染対策を担当していた折、その当時から軟性内視鏡の取り扱いには問題があると思っていました。したがって、2001年に光学医療診療部で土台を築いたことは、感染症管理治療部としても院内全体の軟性内視鏡に関する感染対策を段階的に進めるための大きなステップになったと思っています。

各部署へのラウンドをもとに、消毒剤と洗浄消毒器を統一

光学医療診療部以外に院内で軟性内視鏡を使用している部署を教えてください。

久保ICU、材料部、手術室、呼吸器科病棟、耳鼻咽喉科の外来と病棟、泌尿器科外来、放射線科、小児科、そして2005年からは婦人科でも使用していますが、それぞれの部署で誰が内視鏡をどのように管理しているか感染症管理治療部として把握できていませんでした。そこで2005年に調査をおこないましたがその際には、内視鏡についての専門知識をもった内視鏡技師の目で各部署を訪問してもらい、実態を把握する方がよいと考えて、若王子さんに協力を仰ぎました。

若王子部署によって内視鏡の洗浄・消毒実施者やスコープ管理者は医師であったり、看護師であったりしていました。また、洗浄・消毒方法や洗浄消毒器、洗浄剤や消毒剤などの種類もバラバラでした。そこで先ず、物品管理センターと協力して6種類あった酵素洗浄剤を統一しました。その後、各部署で洗浄・消毒のマニュアルを作ってもらい、洗浄消毒器の傍に写真や絵入りの手順を貼ったりしました。

しかし、実際は各部署の事情に合わせてアドバイスするので手一杯でした。私は病院全体の感染管理をおこなう立場ではなく権限もなかったのですが、 2007年4月に感染症管理治療部に千葉さんが配属されてからは一緒に院内の軟性スコープ使用部署をラウンドすることができ、より深く各部署に関与することができるようになりました。

若王子さんの写真

光学医療診療部・看護師(消化器内視鏡技師)
若王子みのりさん

千葉さんがラウンドされたキッカケを教えてください。

千葉久保看護師長さんと同様に各部署の軟性内視鏡は誰が管理しているのか、またスコープの保証はどのようになっているか、という私自身の疑問からラウンドをはじめました。品質保証チェックとしては、毎月1回、洗浄・消毒されたスコープに生食を通した検体を培養検査しています。ラウンドは主に洗浄・消毒方法の改善を課題に実施しました。

ラウンドの活動内容をお聞かせください。

千葉洗浄・消毒方法などの情報収集をして、問題があれば改善をし、実践した結果をみて問題点を抽出するというPDCA(plan-do-check-act)のサイクルでおこなうことを基本としています。これも若王子さんと一緒に行くことで、スコープの取り扱い、洗浄・消毒手順の運用方法などにおいて、より問題点、改善方法がみつけやくなります。耳鼻咽喉科の例でいえば、洗浄・消毒方法を改善してフタラール製剤と洗浄消毒器を導入しましたが、従来の方法と比べて洗浄・消毒に関わる業務量が増え、スコープがまわらないという問題が生じました。そこで、文書でスコープの追加購入と洗浄要員の増員を要求し、感染症管理治療部から指導を受けたことを付記したこともあって実現できました。

千葉均さんの写真

感染症管理治療部・看護師
千葉均さん

若王子そうした事例を踏まえて、今年(2008年)、光学医療診療部で使用しているフタラール製剤(泌尿器を除く)と洗浄消毒器(エンドクレンズ®)を院内各部署でも購入して、洗浄・消毒方法を院内で統一化することができました。なお、小児外科と婦人科外来は内視鏡検査数が少ないことから、光学医療診療部で洗浄消毒をおこなっています。

今後の課題や抱負をお聞かせください。

千葉今後も各部署での軟性内視鏡に関する感染管理については、職業感染や消毒剤の適正使用などを監視してかなければならない課題でしょう。院内の教育プログラムも必要になると思います。

久保若王子さんにも継続して各部署で指導をしてもらっていますが、洗浄・消毒方法を院内で統一化でき、光学医療診療部を中心とした体制ができた意義は大きいと思います。劣化したスコープの取り替え時期などについても専門知識をもった内視鏡技師と協力することできちんと判断することができます。

軟性内視鏡については今後、機材や物品の管理を含めて院内で一元管理することが最終的な目標です。

千葉均さん、若王子みのりさん、久保悦子さんの写真

左から、
感染症管理治療部・看護師 千葉均さん、
光学医療診療部・看護師(消化器内視鏡技師) 若王子みのりさん、
感染症管理治療部・看護師長 久保悦子さん

施設の紹介

千葉大学医学部附属病院
光学医療診療部・感染症管理治療部

千葉市中央区亥鼻1-8-1

  • 院長 : 河野陽一
  • 病床数 : 835床
  • 1日平均外来患者数 : 1,901人

千葉大学医学部附属病院外観