1. HOME >
  2. 感染管理情報TOP >
  3. 製品関連情報誌 >
  4. 内視鏡関連情報誌 >
  5. 2009年10月 Vol.17

内視鏡関連情報 NEWS SCOPE | ASP Japan合同会社 〜2009年10月 Vol.17

施設レポート 履歴管理システムの必要性と導入の経緯、今後の展望

宮崎大学医学部附属病院

この記事のテーマ
  • 洗浄消毒記録
  • 製品導入効果

宮崎大学医学部附属病院は、宮崎県における中核的な医療機関です。特定機能病院として先端的な高度医療を提供すると同時に、県内外の広い地域における病診・病病連携を進めています。同院の光学医療診療部では、このたび新しくプロセスモニター(ジョンソン・エンド・ジョンソン)を導入し、内視鏡の洗浄消毒に関する履歴管理を行っています。そこで、第一外科 教授であり光学医療診療部 部長の千々岩一男先生と光学医療診療部 副部長(第一外科 講師)の甲斐眞弘先生、副看護師長の佐藤桐子さんに、同院の光学医療診療部の特徴のほか洗浄・消毒に関する履歴管理に取り組まれた経緯と今後の展望について、お話をうかがいました。

宮崎大学医学部附属病院

いざ、という時に備えるため、洗浄・消毒の履歴管理は必要

光学医療診療部の特徴を教えてください。

千々岩当院には宮崎県内だけでなく、熊本県や鹿児島県など近隣の県からも患者さんが来られます。他院からの紹介もありますが、最近では患者さん自身がインターネットをはじめ様々な情報を得て、当院を受診される方も増えてきています。当院は特定機能病院として先端的な医療を提供する使命がありますから、内視鏡治療にも積極的に取り組んでいます。

甲斐早期胃がんに対するESDの件数が特に増えています。また、胆道癌や膵癌の症例が年々増加し、総胆管結石や閉塞性黄疸の治療にも積極的に取り組んでいますのでERCPの件数も多く、年間500件ほど行っています。全体的な件数の増加に伴い、光学医療診療部のスペースが手狭になってきましたので、現在建設中の建物に移転することになりました。移転後は、検査室やリカバリーが増えて、それぞれの面積も広くなる予定です。

千々岩 一男 先生の写真

第一外科 教授、光学医療診療部 部長
千々岩 一男 先生

内視鏡検査・治療の件数が増えると、看護師に求められることも変わってきますか。

甲斐使う薬剤や機材の種類が多岐にわたり、使用するうえでの注意点などもたくさんありますから、看護師さんにはそれを十分に理解してもらう必要があります。

千々岩看護師にも内視鏡のプロであることが求められるわけです。しっかり勉強して介助してもらわなければなりません。しかし実際には、医師とは異なり看護師は部署をまたぐ人事異動が頻繁にありますから、プロとしての育成が難しい面もあり、苦労しています。

安全に治療を行うためには感染対策も必要になりますね。

千々岩当院ではクロイツフェルト・ヤコブ病を含めたすべてのリスクを想定して、感染対策マニュアルを用意しています。感染対策委員会が作成した院内感染対策マニュアルのほか、光学医療診療部独自の感染対策マニュアルもあります。光学医療診療部は他の部署ではあまり使用することがない軟性内視鏡を使用するという特徴がありますから、独自のマニュアルが必要です。

甲斐消化器内視鏡学会のガイドラインから当院の実態に合わせて修正を加え、マニュアルとして電子カルテにアップしています。ヤコブ病への対応などは各診療科とも擦り合わせが必要になりますので、細部にも配慮して作成しました。

千々岩私は昨年まで手術部長も兼務しており、内視鏡室を管理している立場から感じていることは、今後の内視鏡室は手術室と同レベルの高度な安全対策を講じる必要があるということです。当然のことですが、緊急で運ばれてきた患者さんに、感染症の有無を確認している余裕はありません。スタンダードプリコーションの考え方に則って、しっかりとした消毒を行わなければなりません。今後どのような新興感染症が現われるかわかりません。いざ、事が起こった時のために、内視鏡は次にどの患者さんに使用したのかを把握しておく必要があります。そのため、洗浄・消毒の履歴管理は絶対に必要です。しかし、履歴管理のために多忙な看護師の業務をさらに増やすことは好ましくありません。本来、看護師の仕事は患者さんのケアを行うことですから、なるべく業務量を増やすことなく、しっかりとした履歴管理を行わなければなりません。

甲斐 眞弘 先生の写真

光学医療診療部 副部長(第一外科 講師)
甲斐 眞弘 先生

安全対策と業務効率化を併記してシステム導入を働きかけた

洗浄・消毒の履歴管理に取り組んだ経緯について教えてください。

佐藤光学医療診療部のスタッフが消化器内視鏡技師学会などに参加した際に、履歴管理の取り組みが全国的に広がっていると知り、当院でも履歴管理を行う必要性を感じていました。患者さんもご自身の検査や治療に高い関心を持っている方が多いので、患者さんから内視鏡検査や治療を通じた感染の可能性を指摘されることも今後十分に考えられます。こうした事態を想定した場合、洗浄・消毒を確実に行っているということを目に見える形で残す必要があると考えました。しかし実際には、日々の業務が非常に忙しく、手書きでは満足できるレベルの履歴管理の実践には障害が大きいと考え、簡便に管理する方法を探していました。そんな折に、プロセスモニターを試行する機会があり、業務量を増やすことなく履歴管理が行えることがわかったため、このたび導入しました。光学医療診療部の千々岩、甲斐両先生ご自身が履歴管理の必要性について十分に理解を示しておられたため、周囲の理解も得やすく、スムーズに導入することができました。

佐藤 桐子さんの写真

光学医療診療部 副看護師長
佐藤 桐子さん

甲斐導入にあたっては、履歴管理の必要性、特に安全管理と業務の効率化における利点を文書にまとめ申請し、周囲の理解を得やすいように働きかけました。

履歴管理を行う意義・利点を、内外へ伝えたい

履歴管理を始めた成果を今後どのように活かしていきたいと考えていますか。

佐藤県内では履歴管理を行っている施設はまだそれほど多くはないようです。今後は導入したプロセスモニターを使用して得た経験、工夫を内視鏡技師研究会で発表するなどして、これまでの当院と同様に履歴管理の実践に踏み切れない他の施設を後押しするきっかけになればと考えています。

また、当院では各部署における取り組みの成果を発表する場がありますので、光学医療診療部としてプロセスモニター導入による業務の効率化をテーマとした発表も行っていきたいと考えています。当院は日頃から院内マニュアルの整備など安全管理や感染対策に力を入れていますので、光学医療診療部の取り組みをアピールするよい機会になっていますし、私たち自身も内視鏡や洗浄・消毒に関する学習を深められています。

今後は消化器内視鏡技師の認定を受け、光学医療診療部の一員として専門性を高めていきたいと考えています。日本看護協会の定めた認定看護師であれば、専門性を生かせる部署で継続的に勤務し、質の高い看護を提供する機会が与えられる可能性があります。現在のところ消化器内視鏡技師は認定看護師資格には含まれていませんが、光学医療診療部での私たちの取り組みをアピールしたり、スタッフの専門性をより高めていくことで、病院側にも理解を求める働きかけを行っていきたいと考えています。

プロセスモニターPC写真と洗浄マニュアルの写真

施設の紹介

宮崎大学医学部附属病院

〒889-1692 宮崎県宮崎郡清武町木原5200

  • 院長 : 高崎 眞弓
  • 病床数 : 612床

宮崎大学医学部附属病院外観

  • 内視鏡治療および検査件数 : 5,000件
    (内訳)
     上部消化管検査 2,800件
     下部消化管検査 1,200件
     その他 1,000件
  • 洗浄消毒器設置台数 : 3台
  • 内視鏡検査室数 : 4室
  • 医師数 : 3名
  • スタッフ数 : 看護師3名、洗浄員1名、事務1名

宮崎大学医学部附属病院 スタッフのみなさん

左から 益田富美子さん(看護師)、柚木脇純子さん(看護師)、 佐藤桐子さん(副看護師長)、菊池しのぶさん(事務補佐員)、 横山孝幸さん(技能補佐員)