1. HOME >
  2. 感染管理情報TOP >
  3. 製品関連情報誌 >
  4. 内視鏡関連情報誌 >
  5. 2010年5月 Vol.18

内視鏡関連情報 NEWS SCOPE | ASP Japan合同会社 〜2010年5月 Vol.18

施設レポート 感染管理に洗浄消毒器のメンテナンスも必要

昭和伊南総合病院 消化器病センター

この記事のテーマ
  • 洗浄消毒記録
  • 消毒薬濃度管理
  • 保守点検

昭和伊南総合病院は、西に中央アルプス、東に南アルプスを臨む自然環境豊かな長野県駒ヶ根市に立地しています。駒ヶ根市とその周辺の飯島町、宮田村、中川村で運営される行政組合立の総合病院であり、第三次医療「救命救急センター」を開設するなど地域の中核病院としての役割を担っています。同院の経営基盤を支える重点分野の一つ消化器病センターも24時間365日体制で対応している他、地域の胃がん、大腸がん撲滅を目指す検診啓蒙活動を行政とともに推進しています。そこで、同センター長の堀内朗先生をサポートしている藤井秀康さん(看護師・臨床工学技士・消化器内視鏡技師)から、同センターの特徴および感染管理に関する取り組みなどをうかがいました。

昭和伊南総合病院 消化器病センター

内視鏡室は、チーム医療で総合力を発揮する時代

消化器病センターの特徴をお聞かせください。

藤井地域での胃がん、大腸がん撲滅を目指して、行政と当院が協力して、検診の重要性を啓蒙する活動を推進しており、消化器内視鏡検査数は年々増加しています。上伊那地区の人口約20万人に対して、昨年度の内視鏡検査数は1万2千件を超えています。

消化器病センター長の堀内朗先生の方針の一つとしては、苦痛なく楽に検査を受けていただくために、全例で鎮静剤を使用しています。

内視鏡室におけるスタッフの方々の役割についてお聞かせください。

藤井新しい内視鏡的治療術が導入されている現状をみますと、内視鏡技師をはじめとする内視鏡室スタッフの役割も変わってきているのではないでしょうか。従来は、医師が内視鏡検査をして、スタッフは医師に付けばよかったのですが、現在は、検査や処置についても医師とコミュニケーションをとりながら、チーム医療を推進することが求められるようになったと思います。当院の堀内先生も、医師とスタッフによる総合力を発揮することが大事であることを説いています。

そのため、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)やEMR(内視鏡的粘膜切除術)などの処置では、症例毎に事前に医師と病変の検討や予定手技などについて話をしています。それによって使用する処置具の選択や処置具の使い方などを知っておくことが求められています。また、スタッフ同士でもESDなどを介助した症例について検討を行ったりしています。

内視鏡的治療術に関して、内視鏡技師も勉強して行かなければなりませんね。

藤井そうです。消化器内視鏡治療術は日進月歩ですから、新しい手技などに関する情報を医師と共に収集しておくように努めています。専門的な知識は文面ではなく、勉強会や研究会に出かけてこそ得られると思いますので、長野県消化器内視鏡技師会では、消化器内視鏡医を招聘して研究会などを開催しています。私個人としては、医師中心の勉強会にも積極的に参加しています。

履歴管理は洗浄・消毒を確実に行った記録

内視鏡室の感染管理で留意している点についてお聞かせください。

藤井内視鏡検査を受ける方は全て、何らかの感染性を持っている可能性があるというスタンダードプリコーション(標準予防策)の概念をもとに、全例で高水準消毒を励行しています。当院では1日の検査数が40件〜70件あり、1人の助手が専任で洗浄を担当していますが、手が空いている看護師も洗浄・消毒に回っているのが現状です。

洗浄・消毒の履歴管理についてはいかがですか?

藤井長野県消化器内視鏡技師会では一昨年に履歴管理をはじめることを決めたのですが、当院では、スタッフが手書きでチェックする時間的な余裕がないことから、取り組みが遅れ、今年の4月からはじめるところです。

履歴管理の意義について、どのようにお考えですか?

藤井当院で履歴管理をはじめる前に、履歴管理の意義について話し合いました。そこで課題になったことは、もし感染が疑われた時に履歴管理記録が交差感染を否定する証明になるかどうかです。予備洗浄をして、洗浄消毒器で洗い上げたとしても、そのスコープは他のスコープや人の手などに触れることもあり、感染源の特定は難しいという実情があります。

したがって、使用したスコープを洗浄・消毒をしたという記録を残すことが履歴管理の意義になると思います。そのためには、洗浄・消毒を確実に行っていくことが前提になりますので、高水準消毒液の濃度チェックや洗浄消毒器が正常に作動していることなどをきちんと管理していくことが重要になります。

一層の安全性確保のためにディスオーパ®モニターを導入

高水準消毒液の濃度管理はどのように行っていますか?

藤井フタラール製剤のディスオーパ®について、以前はテストストリップで濃度測定をしていましたが、昨年3月からはディスオーパ®モニターを導入して濃度管理をしています。テストストリップでは判定する人の判断に左右されることから、一層の安全性確保のためには機器による客観的な測定が望まれるためです。濃度表示の下がり具合をみて濃度の限界予測ができることも利点です。また、濃度管理記録が残る点も洗浄・消毒の履歴を管理する上で信頼性もあり有用になります。

ディスオーパ®モニター

ディスオーパ®モニター

洗浄消毒器に関する保守・メンテナンスについては、一般的に認識が薄いと思われますが、管理方法とご意見をお聞かせください。

藤井当院では、洗浄消毒器のメーカーと契約をして定期的にメンテナンスを行ってもらっています。これは、クルマでいえば車検に相当するもので、点検をしてもらうことで洗浄消毒器の品質と安全性に関する最低水準はクリアすることができます。

 メーカーによる定期点検に加えて、日常的には水圧や水流のチェック、エラーメッセージが出ていないかなどを目視点検していますが、私たちがわかることには限度があります。そのためメンテナンス契約をして、点検をするメーカーにも機器の保証をしてもらうことが必要だと思います。

藤井 秀康さんの写真

看護師・臨床工学技士・消化器内視鏡技師
藤井 秀康さん

最後に、今後の内視鏡室の感染管理のあり方についてもご意見をお聞かせください。

藤井内視鏡によるESDなどの処置は外科手術と同じだと思います。内視鏡室のスタッフは、それに対応できる知識と技能を備えなければなりませんが、さらに感染管理においても手術室と同様のレベルが求められているといえるでしょう。

スコープは滅菌できませんが、滅菌に近い状態の消毒をしていきたいという気持ちを持っています。そのため、全例で高水準消毒をする他、高水準消毒液の濃度管理や洗浄消毒器などの機器の管理も欠かせません。ただ、全て器械やコンピュータで客観的に管理すればよいわけではなく、予備洗浄での目視や手で触った感覚なども重要だと思います。

施設の紹介

伊南行政組合 昭和伊南総合病院

〒399-4117長野県駒ヶ根市赤穂3230

  • 院長 : 長崎 正明
  • 病床数 : 300床

伊南行政組合 昭和伊南総合病院外観

消化器内視鏡治療/検査の概要

  • 内視鏡治療および検査件数 : 12,319件(平成21年)
    (内訳)
     上部消化管 9,604件
     うち 処置(EMR、ESD、ポリペクトミー) 56件
        PEG(胃ろう造設、交換) 163件
        VE(ビデオ嚥下内視鏡) 110件
     下部消化管 2,595件
     うち 処置(EMR、ESD、ポリペクトミー) 333件
        ERCP 109件
        小腸 11件
  • 洗浄消毒器設置台数 : 5台
  • 内視鏡検査室 : 4室
  • 医師数 : 9名(うち小児科医1名)
  • スタッフ数 : 看護師8名(うち消化器内視鏡技師3名)、看護助手1名、事務1名