1. HOME >
  2. 感染管理情報TOP >
  3. 製品関連情報誌 >
  4. 内視鏡関連情報誌 >
  5. 2011年5月 Vol.19

内視鏡関連情報 NEWS SCOPE | ASP Japan合同会社 〜2011年5月 Vol.19

特別インタビュー 洗浄消毒・履歴管理システムの導入
〜愛知医科大学病院・内視鏡センターの事例

愛知医科大学病院内視鏡センター長・消化器内科教授 副院長 春日井 邦夫 先生

愛知医科大学病院内視鏡センター・主任看護師(消化器内視鏡技師) 久具 純子 さん

この記事のテーマ
  • 洗浄消毒記録
  • 病院機能評価
  • 製品導入効果

このほど日本消化器内視鏡技師会から勧告として「消化器内視鏡・洗浄消毒に関わる収集データの標準化勧告」が発表されました。内視鏡の洗浄消毒履歴管理に必要な出力項目や望まれる出力項目の取得・蓄積方法を示していますが、愛知医科大学病院・内視鏡センターでは、昨年、履歴管理システム『プロセスモニター』を導入して、本勧告に示された要件をクリアしています。そこで、同内視鏡センター長であり消化器内科教授の春日井邦夫先生から内視鏡センターの改革状況や将来構想などを伺い、そして同内視鏡センター主任看護師(消化器内視鏡技師)の久具純子さんからは洗浄消毒の履歴管理システム導入のポイントや内視鏡技師会の本勧告についてお聞きしました。

[画像]春日井 邦夫先生、久具 純子さん

内視鏡センターの特徴

内視鏡センターを開設して、検査件数が1.6倍増えた

内視鏡センターの概要や特徴を教えてください。

春日井中央検査部の一部門であった内視鏡室が独立して、平成17年7月に内視鏡センターが開設されました。現在は、326㎡の占有面積に5つの検査室(内視鏡洗浄消毒器6台)を有しています。内視鏡機器は全て一新したほか、新規に画像ファイリングシステムを導入して、内視鏡システムを備える透視室、高度救命救急センター、カンファランス室とネットワークしました。そうした改革を行った背景としては、内視鏡検査件数の増加と内視鏡治療術の高度化に伴い、患者さんに安全な医療を提供していくには設備機器を充実することが不可欠だったことがあげられます。検査件数についていえば、約5,000例から約8,000例と1.6倍に増加し、ESDなどの内視鏡治療術も増加しています。

その他、患者さんに安心して検査を受けていただくように、スタッフの接遇だけでなく、内視鏡センター内の照明や色調、ソファーなどにも配慮しました。入り口の廊下を間接照明にしたのはその一例です(写真)。

内視鏡センター入り口画像

内視鏡センター入り口

高度救命救急センター内にも内視鏡機器があるのですね。

春日井そうです。愛知県で唯一の高度救命救急センター内には、専用の内視鏡機器を配備して24時間体制で緊急内視鏡検査に対応しています。

また、地域連携としては、近隣の診療所や病院からのニーズに対応した内視鏡検査のダイレクト予約システムを実施しています。これは、当院の地域医療連携室を介して地域の医師が直接検査予約ができ、検査後即日レポートを送信しているもので、毎日2,3名の患者さんが来られています。

内視鏡術の高度化に伴って、1検査室を32㎡にする

内視鏡センターのスタッフ体制を教えてください。

春日井医師は、消化器内科医のほか、呼吸器科医、消化器外科医が診療に当たっています。看護師は8名でそのうち6名が消化器内視鏡技師の資格を取得しています。原則として1検査に看護師1人を配置し、検査開始から終了まで患者ケアと介助に当たっています。その他、洗浄消毒専任の洗浄員と受付担当を配置しています。

大学病院として、内視鏡教育面での特徴をお聞かせください。

春日井医学生や研修医のための内視鏡シミュレータールームを設けており、そこには、コンピューターシミュレーター(GI menterII)やコロンモデルを設置して、自己トレーニングを行っています。また、豚の食道と胃を使ったHands on Trainingセミナーも適時実施するなどして、高度な内視鏡術に対しても安全に施行できる技術習得を図っています。

大学病院の内視鏡センターとして、今後の方針などをお聞かせください。

春日井平成17年に開設して以来5年余りが経過しましたが、検査件数が増え、内視鏡医療の高度化が進み、担当医師数も増加してきました。そこでまず、本年4月にはすべての内視鏡機器、内視鏡情報管理システムを更新しました。

そして、平成26年に開院予定の新病院においては、病棟や高度救命救急センターから最適な動線上に内視鏡センターを位置づけ、占有面積も現在の2倍の642㎡になります。

上部検査用3室、下部検査用3室、気管支用1室、透視用1室の検査室を備え、一室当たりの面積も現在の17.5㎡から32㎡と広くなります。

春日井 邦夫先生の画像

かなり広くなりますね。

春日井内視鏡医療の高度化・複雑化に伴って、手術室と同じような環境が求められています。各種の内視鏡機器を入れるスペースが必要になり、術者と介助者のスタッフワークを円滑に行うためにも十分な面積を確保しなければなりません。スタッフが動きやすい動線の配慮と共に、最優先で患者さんの動線とアメニティーを考えた新しい内視鏡センターを目指して準備しているところです。

新しい履歴管理システムの導入

病院機能評価Ver.6.0受審を契機に、履歴管理を見直す

内視鏡センターの感染管理対策状況をお聞かせください。

春日井内視鏡センターが開設した平成17年に病院機能評価Ver.4.0を受審した際、感染管理を見直して洗浄消毒器を替えるなどの対策を行いましたが、昨年、病院機能評価を更新してVer.6.0を受審する際に、再度、感染管理方法を見直しました。特に問題はありませんでしたが、換気や室内温度に配慮した空調装置に改良した他、新しい洗浄消毒の履歴管理システムとして『プロセスモニター』の導入をはかりました。実際に、昨年8月の訪問審査では履歴管理を厳しくチェックされ、評価を得ることができました。

新しい履歴管理システムを導入された経緯をお聞かせください。

久具それまでの履歴管理は手書きで行っていましたが、検査件数が増加して、作業面で限界を感じていましたので、機械で読み取るシステムに変更することを先生方に提案しました。

内視鏡センターには、医師やコメディカルスタッフが集まって改善策などを検討する運営委員会があり、そこで、皆に理解していただきました。なお、高水準消毒剤の濃度測定も機械的に行える『ディスオーパ®モニター』を同時に導入しました。

春日井運営委員会の結果をもとに病院に提案して履歴管理システム導入予算が付きました。病院機能評価の受審が良い契機になったと思います。

『プロセスモニター』を導入する際に、どのような検討をされましたか?

久具機械化するとはいっても、ハンディターミナルでバーコード情報を読み取らなければなりません。当内視鏡センターでは、清潔、不潔の区別を厳密に行っていますので、洗浄員は汚れたスコープを洗浄消毒器に入れた後に、手袋を差し替えてハンディターミナルを触るといった手間は省けません。洗浄員は1日30から40本のスコープを処理しなければならず、洗浄員の使い勝手を最優先に考えて『プロセスモニター』を選択しました。

技師会の勧告によって、履歴管理がスタンダードに

新しい履歴管理システムの使用評価などをお聞かせください。

久具この度、日本消化器内視鏡技師会から「消化器内視鏡・洗浄消毒に関わる収集データの標準化勧告」が発表されましたが、本勧告で示された必要な出力項目は、全てクリアしており、また本勧告で望まれている出力項目の取得・蓄積方法も全て実現できています。また、洗浄員も直ぐに慣れて使い勝手もよいようです(表)。

表:「消化器内視鏡・洗浄消毒に関わる収集データの標準化勧告」より

表:「消化器内視鏡・洗浄消毒に関わる収集データの標準化勧告」より
(日本消化器内視鏡技師会 洗浄消毒出力データ標準化委員会)

履歴管理システム導入の意義や『プロセスモニター』の使い方などについて事前に洗浄員や看護師と共に勉強会を行ってきましたので、比較的スムーズに導入することができたと思います。

「消化器内視鏡・洗浄消毒に関わる収集データの標準化勧告」については、どのように思われますか?

久具内視鏡手技が向上している現状を考慮すると、感染管理の一層の充実と共に、その質の保証やもし感染事故が起きた時の遡及性という観点から洗浄消毒履歴の記録・管理は欠かせない時代となりました。技師会からの勧告にはミニマムスタンダードとして出力項目やその取得方法、蓄積方法が含まれており、この勧告内容をクリアすることで従来よりも安心感が増え、より自分達の感染管理に自信が持てるようになりました。技師会からの勧告は各施設の履歴管理の標準化に向けて大きな意義があると思います。

久具 純子さんの画像

久具さんは技師会東海支部の役員をされていますが、各施設での本勧告の実現化に向けて、お考えをお聞かせください。

久具一般的に、内視鏡室に従事しているスタッフは他の施設での洗浄消毒方法や履歴管理方法についてよく知りません。技師学会やこの情報誌などで発表された他施設の事例をみて自施設の方法を検討することができます。

これまでの経緯をみると、洗浄消毒器で洗うのは当たり前という流れになったように、履歴管理についても本当に必要だという理解が広がり、さらに今回の勧告内容も当たり前になる時期がくるだろうと期待しています。

履歴管理システム『プロセスモニター』を導入した洗浄室

履歴管理システム『プロセスモニター』を導入した洗浄室

施設の紹介

愛知医科大学病院

〒480-1195 愛知県愛知郡長久手町大字岩作字雁又21

  • 院長 : 野浪 敏明
  • 病床数 : 1,014床(一般病棟床、精神病棟床)
  • 診療科 : 35科

愛知医科大学病院外観

前列左から 佐々木誠人先生、春日井邦夫先生、久具純子さん、飯田章人先生
中央左から寺村尚子さん、洞口喜代美さん、伊藤早乙女さん、玉置奈穂美さん、玉木香織さん、増井竜太先生
後列左から足立和規先生、野口誠司先生、伊藤義紹先生、吉峰崇先生、土方康孝先生、徳留健太郎先生、河村直彦先生、近藤好博先生

愛知医科大学病院スタッフ