1. HOME >
  2. 感染管理情報TOP >
  3. 製品関連情報誌 >
  4. 滅菌関連情報誌 >
  5. 2008年5月 Vol.15

滅菌関連情報 PLASMA LINK | ASP Japan合同会社 〜2008年5月 Vol.15

Partner Interview 全国で移動展示を実施中!キャラバンカーがリニューアル!

この記事のテーマ
  • パートナーインタビュー
  • 器材適合性

手術器材の展示が加わりました

このたび、全国各地でご好評いただいてきたキャラバンカーが、コンセプトも新たにリニューアルしました。ステラッド®の実器展示と併せて、代表的な手術器材メーカー様4社にご賛同いただき、実際の手術器材セット組み例を展示することになりました。最新のステラッド®適合器材もご覧いただくことができます。普段、直接は滅菌作業に携わらない方々にも、ステラッド®を使用した滅菌作業の様子を実際に体感いただく機会として、ぜひ、お役に立てていただければと考えています。 今回は、キャラバンカーにご賛同いただいた各器材メーカー様の意気込みと、キャラバンカー内の様子や展示内容をご紹介します。

キャラバンカーの写真

キャラバンカー内の様子と展示内容

キャラバンカー内の様子と展示内容 写真1

ステラッド®200とステラッド® NXの実器を展示。この日はステラッド®NXを電源につなぎ、実際に滅菌作業のデモを行った。

キャラバンカー内の様子と展示内容 写真2

ステラッド®適合性試験にご参加いただいている、主な医療機器メーカーもご紹介している。

キャラバンカー内の様子と展示内容 写真3

開始早々、多くの方々に集まっていただいた。関心の高さがうかがえる。

キャラバンカー内の様子と展示内容 写真4

実際に滅菌する時と同じようにトレーに入れて各社の手術器材を展示している。新キャラバンカーの注目ポイントだ。

キャラバンカー内の様子と展示内容 写真5

具体的な使用方法について質問が相次いだ。実器展示だからこそ、実際の作業もイメージしやすい。

ご賛同いただいた各器材メーカー様のコメント

フジノン東芝ESシステム株式会社 営業本部 企画・サポートグループ 石浜 信次 氏

昨今、入札仕様書の項目にプラズマ滅菌の条項が記載されることもあり、ステラッド® 適合性を取らなくては、これからは製品が売れなくなってしまいます。ステラッド® 適合性を取得するということは、そうしたビジネス上のメリットもございますし、ステラッド® 適合性を前提とした内視鏡の研究開発による、技術的なノウハウの蓄積というメリットも高いと考えております。ジョンソン・エンド・ジョンソンとのマーケティング的な活動については、フジノンとしてステラッド®適合性に力を入れているということを、社外にアピールする良いきっかけになっています。今後は引き続き外科分野の内視鏡を中心に、ステラッド® 適合性に取り組んでいきたいと思います。

フジノン東芝ESシステム株式会社 営業本部 企画・サポートグループ課長 石浜信次氏

写真:外科用 細径電子内視鏡「EL-450FP」が展示されている。外径が直径5.4mmでありながら、クラス最高の41万画素CCDを採用し、鮮明な画像が得られる。

外科用 細径電子内視鏡「EL-450FP」が展示されている。外径が直径5.4mmでありながら、クラス最高の41万画素CCDを採用し、鮮明な画像が得られる。

カールストルツ・エンドスコピー・ジャパン株式会社 ヒューマンメディカル事業本部 メディカル事業部 部長 北村敦巳氏

ジョンソン・エンド・ジョンソンとは1995 年から適合性試験を実施させてもらっているので、とても古い付き合いとなっています。両社での強い協力関係のもと、今までもプラズマリンクでのインタビューやジョンソン・エンド・ジョンソン主催の地区セミナーの講演をさせていただきました。こうしたこともあり、今回のキャラバンカーへのカールストルツ製品の展示についても、二つ返事で即決いたしました。

地区セミナー講演は、内視鏡器材の最適な洗浄、乾燥、消毒、滅菌法を伝えるとともに、多くの看護師やMEの方々のご意見を直接聞ける貴重な機会でしたが、今回のキャラバンカー展示 も現場のご意見を伺える貴重な場として活用していきたいと思います。

カールストルツ・エンドスコピー・ジャパン株式会社 ヒューマンメディカル事業本部 メディカル事業部 部長 北村敦巳氏

写真:独自開発の内視鏡システム・メンテナンスプログラム「Endo Protect1 TM 」についても紹介されている。

独自開発の内視鏡システム・メンテナンスプログラム「Endo Protect1TM」についても紹介されている。

リチャード・ウルフ社 利康商事株式会社 企画グループ 課長 小室進氏

お客様の利便性を考えると様々な滅菌方法に対応していることが重要だと思うが、ステラッド®適合性の問い合わせが多くなっていることから、リチャード・ウルフの最新の器材についてはほとんどステラッド®対応となっています。

今回、キャラバンカーへの展示を通して、ステラッド®適合のリチャード・ウルフ器材をお客様に広くご覧になっていただくことは認知度を向上する上で、重要と思います。

今後もジョンソン・エンド・ジョンソンとはマーケティング的 な活動のコラボレーションをしていきたいと思っております。

リチャード・ウルフ社 利康商事株式会社 企画グループ 課長 小室進氏

写真:レゼクトスコープ、膀胱尿道鏡、尿管鏡、軟性膀胱鏡/ 軟性尿管鏡、幼児・小児膀胱鏡が展示されている。

レゼクトスコープ、膀胱尿道鏡、尿管鏡、軟性膀胱鏡/ 軟性尿管鏡、幼児・小児膀胱鏡が展示されている。

スミス・アンド・ネフュー エンドスコピー株式会社 マーケティング部 課長 中本孝治氏

ステラッド®が普及拡大するにしたがって、スミス・アンド・ネフュー製品をステラッド®で処理したいというお客様のニーズにお応えすることが、重要となってまいりました。

弊社では、顧客満足度向上の観点から、ステラッド® 適合製品については当該カタログに適合性マークを掲載しており、お客様が一目でステラッド® 適合製品であることをご理解いただけるよう、積極的な情報提供をおこなっております。そのような経緯から、今回のキャラバンカーへの展示用器材の提供に関しても、会社としてステラッド®適合性に取り組んでいるというメッセージを伝えるためにも、即決いたしました。今後もスミス・アンド・ネフューとしては、お客様のベストチョイスを提供するために、適合性情報の提供や、新製品開発に取り組んでいきたいと思います。

スミス・アンド・ネフュー エンドスコピー株式会社 マーケティング部 課長 中本孝治氏

写真:ステラッド® NX™ 対応の560シリーズ ハイディフィニションカメラシステムが展示されている。

ステラッド® NX対応の560シリーズ ハイディフィニションカメラシステムが展示されている。