1. HOME >
  2. 製品情報TOP >
  3. 洗浄・消毒関連 >
  4. エンドクレンズ®の保守サービスメンテナンス

エンドクレンズ®の保守サービスメンテナンス | ASP Japan合同会社

内視鏡洗浄消毒器 エンドクレンズ®の保守サービスメンテナンスの特徴

内視鏡自動洗浄器 エンドクレンズ®の保守サービスメンテナンス契約のご案内です。

エンドクレンズ®保守サービスメンテナンス契約の案内

近年、内視鏡を介した感染防止に対する意識は著しく向上しています。その感染防止の重要な担い手となるのが内視鏡洗浄消毒器。適切な洗浄・消毒・すすぎなどの一連のプロセスや適切なアラーム音での警告などすべての機能が確実に機能するためには、定期的なメンテナンスが重要になります。

ジョンソン&ジョンソン(株)は感染防止の観点から常に安全な内視鏡を患者様に提供して頂くために、そして医療従事者の皆さまに安心してエンドクレンズ®をご使用いただくために、エンドクレンズ®保守メンテナンスプログラムを用意いたしました。この機会にぜひご検討ください。

  • エンドクレンズ®保守サービスメンテナンスがお届けする安全と安心

  • 様々な方面から医療機器の定期的な保守・点検の実施が推奨、もしくは義務づけられています。

エンドクレンズ®保守サービスメンテナンスがお届けする安全と安心

充実したラインナップ

定期点検のメリット

様々な方面から医療機器の定期的な保守・点検の実施が推奨、もしくは義務づけられています。

日本消化器内視鏡技師会

日常点検とエンジニアによる定期点検の2つが必要。

医療機器の定期的な保守メンテナンスの必要性については、すでに全国的に浸透しています。
一方、病院機能評価にも詠われている通り、内視鏡室においてはスコープの洗浄消毒履歴はいまや必須となりつつあります。その中のひとつとして、内視鏡洗浄消毒器の保守メンテナンスの履歴も重要となります。器械の性能を一定に保つためには、(1)日常点検に加え、(2)専門的な知識をもったエンジニアによる定期的かつ統合的な点検の2つが不可欠となります。
内視鏡の洗浄消毒の第一のの目的は感染防止であり、それを担うのが洗浄消毒器です。安全と安心の内視鏡検査のためにも今一度保守メンテナンスの重要性について考えてみてはいかがでしょうか?

病院機能評価

病院機能評価Ver6.0でも医療機器の定期的な点検は重要な項目として記載されています。

医療法

平成19年4月1日施行の改正医療法にも医療機器の定期的な保守点検が義務付けられています。