1. HOME >
  2. 製品情報TOP >
  3. 滅菌関連 >
  4. ステラッド® >
  5. 原理

STERRAD® | ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ASPジャパン

過酸化水素プラズマ滅菌のしくみ

過酸化水素低温プラズマ滅菌

ステラッド®は、微生物を不活化する滅菌剤として過酸化水素を前駆物質として利用した低温プラズマ滅菌法により、手術器具等の医用器材を滅菌する装置です。  ステラッド®の滅菌サイクルでは、専用過酸化水素カセットから供給される58%(表示濃度)過酸化水素水溶液を蒸気化して滅菌チャンバー内に注入します。過酸化水素蒸気は被滅菌物へ拡散し微生物へ作用します。その後、滅菌チャンバー内に高周波(RF) をかけることにより過酸化水素蒸気がプラズマ状態となり同様に微生物へ作用します。

過酸化水素低温プラズマ滅菌

代表的な滅菌サイクルと概要

以下8つの滅菌段階をハーフサイクルとし、これを連続して2回行うことにより滅菌サイクルを完了します。(フルサイクル)

過酸化水素低温プラズマ滅菌

過酸化水素低温プラズマ滅菌

販売名 認証番号

ステラッド®100NX®

223AABZX00144000

ステラッド®NX®

21800BZX10129000

ステラッド®100S

21200BZY00167000

ステラッド®器材適合性検索

ステラッド®で滅菌できる医療器材についてご確認いただけます。

ステラッド® 適合性試験

ステラッド®適合性試験をご希望の、医療機器メーカー様へのお知らせです。